静岡 エアコンクリーニング

エアコンクリーニング
お問い合わせ

お客様の声

不動産会社・オーナー様へ

ブログ

サービスエリア 静岡市 富士市 富士宮市 藤枝市 焼津市 島田市 川根本町 吉田町 牧之原市 御前崎市 菊川市 掛川市 袋井市 森町 磐田市 浜松市 湖西市

ホーム > エアコン掃除

自分でエアコン掃除する前に。必読!プロが教える失敗しないクリーニング法

エアコン掃除 静岡

「エアコン掃除」で検索すると、自分で掃除する方法を解説したホームページが表示されます。

業者に頼んでエアコン掃除するより、「自分でやりたい!」と思う方が多いのでしょう。

業者の動画も一杯アップされていますので、それを参考に自分なりに道具や洗剤など工夫して動画を作成されているのでしょうね。

カビキラーカビキラーを使って、エアコン洗浄をしている動画に、「いいね」がたくさんついていましたが、プロの目からすると、「いいね」はやっぱりおせないです。

「自己責任でお願いします」という表現がよく動画には使われているようですが、この言葉に隠された意味をしっかりと認識したいものです。

そんな理由から、ご自分でエアコン掃除をしたい方にむけて、注意点などを書いてみました。

自力でエアコン掃除をしたい方は、参考にしてくださいね。

カビ臭いエアコンを自分で清掃するには

カビ


エアコンの臭いの主な原因はカビです。

では、どこをどのように清掃すれば、カビを洗浄できるでしょうか?

「フィルター清掃」
「ルーバーの汚れ」
「吹き出し口の中の届く範囲」

は皆さん清掃されていると思います。


それでは、

「熱交換器」
「吹き出し口の送風ファン」

まで、エアコン掃除をされていますか?

ここをしっかりしないと、エアコンの臭いを取ることはできません。

 

自力で「熱交換器」 「吹き出し口の中の送風ファン」を洗う方法と注意点

エアコン掃除

注意洗剤について

熱交換器は、アルミ製でできています。

いくらカビが生えているからと言ってカビキラーは使わないようにしましょう。
アルカリ度が高く、アルミを腐食してしまいます。

「アルミフィン用の洗剤」なら、アルミを腐食しないようになっています。

 

注意電源について

エアコン掃除の作業前には、必ずコンセントを抜くかエアコン用のブレーカーを落としましょう。

 

注意洗浄スプレーについて

ネットで見てみますと、熱交換器用と吹き出し口(送風ファン)用が売られています。

どちらも適切に使えば効果はあると思いますが、汚れが酷くなってから使うと逆効果です。

 

・熱交換器用スプレー

汚れが酷くない状態で使用すればそれなりの効果は期待できます。
ただ、汚れが酷いと洗剤分が残ってしまい、汚れも取りきれず、さらにカビが生えやすい状況になってしまいます。


水漏れを起こす原因になることも考えられます。

また、スプレーをするときに、電気系統に洗剤を掛けないことが必須です。
かかった洗剤は何年か後にカーボン化して発火する場合があります。


カバーを外して使用する場合は、電気系統には養生をしっかりとしましょう。
カバーを付けたまま使う場合には、カバーと熱交換器との隙間にも養生をしないと、その隙間から電気系統に洗剤がかかってしまうことも考えられます。

 

・吹き出し口用洗浄スプレー

洗剤と洗い流すリンス剤の2本になっています。
これも、リンス剤の量が少なく、汚れが酷い場合は流しきれないと思います。

汚れが酷くない状態ですとそれなりの効果があると思いますが、養生をしっかりしないと室内を汚してしまいます。
カバーを付けたまま使用すると、機種によってはカバーの中に洗剤、リンス剤が残った状態になってしまうかもしれません。

また、リモコンで動く横方向の風向板(ルーバー)がついている機種では、モーターが吹き出し口の下についているものもあります。
モーターに洗浄液が入ってしまうと、動かなくなったり、その後の火災発生の原因になってしまうかもしれません。
モーターを外すなり、養生をするなりしないといけません。

 

注意養生について

周りが汚れないように養生する以上に、エアコンの電装品に洗剤、水がかからないようにしてください。

エアコンが壊れることもありますが、それ以上に怖いのは、洗剤がかかった時、何年か後にカーボン化して発火する恐れがあることです。

 

エアコン掃除をするリスクについて知っておきましょう。

エアコン掃除 静岡

・化粧カバーの分解、取り外し

ネジの位置、カバーの爪の位置などは、機種によって様々です。
ネットでは分解手順などか動画でアップされていますが、その通りにはいかないケースが多いと思います。

「分解し始めたけど、途中であきらめた。」
「部品を破損してしまった。」
「組立てたらネジが余ってしまった。」

などのことが起こる危険性があります。

・ルーバーの取り外し

簡単に外れるものもありますが、ちょっとしたコツがあったり、ルーバーモーターを外さないと上手く外れないものもあります。

無理をすると、ルーバーの取り付け部分を割ってしまって、ルーバーが作動しなくなったり、真ん中から下に垂れてしまったりするリスクがあります。

・お掃除ロボットがついている機種

化粧カバーを分解するだけでも、機種によっては複雑です。

業者によっては、お掃除ロボット付のクリーニングを受けていないところもあります。

お客様で分解するにはリスクが高すぎます。

・火災発生のリスク

電気系統などに養生が不十分なため、洗剤、水などがかかり、火災が発生するリスクがあります。

作業後すぐに分かればいいのですが、何年かして火災が発生することがありますので、かなりの注意が必要です。

 

エアコンの汚れる場所と、汚れの種類と、清掃方法

場所 汚れの種類 自分でできる清掃
化粧カバー外側 ホコリ汚れ、台所近いと油汚れ

・ホコリ払い
・拭き掃除

化粧カバー内側 ホコリ汚れ、カビ(分解が必要) ・分解して拭き掃除
・水洗い
エアフィルター ホコリ、カビ、油 ・掃除機でホコリ払い
・洗剤を使って水洗い
風向板(ルーバー) ホコリ、カビ(取り外すと掃除が容易) ・つけたまま拭き掃除
・外して拭き掃除、水洗い
吹き出し口の中 ホコリ、カビ ・ルーバーが取り外せたら、奥まで手を入れて拭き掃除、
あるいは割りばしの先に布をまいて奥まで拭き掃除。
吹き出し口の中の送風ファン ホコリ、カビ ・掃除機を使ってホコリ取り
・洗浄スプレーを使っての清掃
熱交換器 ホコリ、カビ ・掃除機を使ってのホコリ取り
・洗浄スプレーを使っての清掃

※エアコン本体には、
「 故障・水漏れ・発火の恐れあり。 お客様自身でのエアコン内部の洗浄をしないこと。」
と記載されています。
自力で行うお掃除は自己責任でお願いします。
決してお勧めするわけではありません。

 

このぐらいの汚れですと、エアコン洗浄スプレーでは綺麗になりません

熱交換器用の洗浄スプレーですが、汚れが酷いと洗浄しきれません。

もっときれいな状態の時に使えば、それなりの効果はあると思いますが、ここまで汚れてしまったら、洗剤分、汚れとも残ってしまいます。

化粧カバーを外した熱交換器の状態です。

エアコン掃除

それほど酷くなく、よくある汚れです。

アップで見てみるとホコリが着いているのが良くわかります。

エアコン掃除

熱交換器全体に洗浄スプレーを1本噴霧しました。

エアコン掃除

スプレーして10分後、特に冷房運転などして洗い流す必要はないとのことでした。

エアコン掃除

まだ汚れが残っているのがわかります。

ここで、高圧洗浄で洗い流してみました。

エアコン掃除

洗い流したところとその差は歴然です。

左半分の黒っぽい部分も洗浄スプレーをした場所になります。

汚れがしっかりと残っているのが分かると思います。

ここまでの汚れの場合、洗浄スプレーでは、綺麗にならないですね。

エアコン掃除

 

当店は、静岡で2,000件以上のエアコンを徹底洗浄しています

エアコン掃除 静岡

当店のエアコンクリーニングは、プロフェッショナルな徹底洗浄!
隅々まで綺麗でエアコン長持ち。
自力でのエアコン掃除が難しい方は、当店までお申し込みください。

 

→ エアコンクリーニングの作業手順はコチラ


エアコンクリーニング 受付メールフォーム

※サービス地域は、静岡市 富士市 富士宮市 藤枝市 焼津市 島田市 川根本町 吉田町 牧之原市 御前崎市 菊川市 掛川市 袋井市 森町 磐田市 浜松市 湖西市 です。

戻る